堺から長尾神社へ至るこの街道はほぼ一直線に伸びており、またそのほとんどが現在の市街地を通っていることから歩きやすい街道でした。今年の初めに痛めた足の回復具合を確認するには、ちょうどいい街道だったと思います。
ただ、久しぶりに歩いたことと、昼間はまだ暑かったため、短い距離だったにもかかわらず、かなり疲れました。

 首里城から南西に伸びる島尻方西海道と北西に伸びる中頭・国頭方西海道を歩きました。沖縄はこれまで観光で何度も行っており、大体のところは見て回ったと思っていたのですが、実際に自分の足で歩いてみて、戦争によって数多くの文化財が壊滅的に破壊されたこと、街道の沿道にも数多くの慰霊碑があるなど、戦闘の激しさを目の当たりにした感じがします。主要な文化財などは戦後、復元されていましたが、それらを含む復興の過程や広大な米軍基地によって、旧道のかなりの部分が失われていることも改めて知ることになりました。
 今回、沖縄を歩くことによって、沖縄のことを少しだけですが、肌で感じることができたような気がします。

この区間はこれまで何度か歩くことを計画したのですが、何故かその都度体調が悪くなったりして、歩くことができず、今日まで来てしまいました。
日本一周を達成したと言いながらこの区間だけ空白になっていましたので、とりあえず国道を歩いて空白区間をなくすことにしました。
記事は日向街道(豊後道)最後の部分に追加して掲載しています。これでようやくすべての街道が一本の線でつながりました。

 福井小浜から京都へ向かう鯖街道は鯖をはじめとした海産物を京都へ運ぶ道として、古くから利用されていた道で、現在でもすべて舗装されており、とても歩きやすい道でした。
 これで街道を歩いた通算距離が1万㌔になり、地球を1/4周したことになります。
 旧街道を歩いて日本一周と1万㌔踏破という今年の二つの大きな目標を無事達成することができました。

6月9日に青森油川に到着、羽州街道を踏破しました。
 最終日には数多くの方がゴール地点で出迎えて下さり、喜びを倍加させることができました。
 これで2006年6月4日に四国遍路に出発して以来、ちょうど6年間で旧街道を歩いて日本一周を達成したことになります。
 この間、各地で色々な方に助けていただき、またご指導をいただいたことによって、無事ここまで来ることができました。本当にありがとうございました。
 ただただ感謝あるのみです。
 これで一区切りつきましたが、これからはまた新しい目標に向かって、元気に旧街道を歩き続けていきたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。
 街道はまだまだたくさんあります!

油川に到達しました。

中村さんにご案内していただいています。

鐙さん、藤原さん、高橋さんとこれから歩く道を教えて頂きながら呑んでいます。

鐙さん西田さん斎藤さんが旧道を案内してくれています。

いよいよ日本一周達成のための最後の街道を歩き始めました。

山間部ではこの時期になってもまだ雪が残っているところがあり、さすがに北国だという思いを強くしました。
もう一息というところまで来ましたので、なんとか無事に青森にゴールしたいと思っています。
がんばります!

スケジュール

旅記事